ダイエットを成功させるおまじない

スリムなプロポーションは、女性のあこがれ。 でも、ダイエットはなかなかむずかしいものです。

中学・高校のときは食べたいのを無理におさえると後で悪い影響が出るので、素人ダイエットは禁物なのですが、甘いものだけは別。 これは控えられるなら控えたほうがいいのです。

「それはわかっているんだけど、どうしても甘いものがやめられない」というときは、おまじないの出番です。

食べすぎをセーブするおまじない

ケーキやアイスクリームなどの甘いお菓子が食べたくなったら、このおまじないが効果的。 あれも食べたい、これも食べたいという気持ちをおさえることができますよ。

四角い形をした青い物体がどこからともなくやってきて、あなたの胃のなかに飛び込んでくるのをイメージしてください。

その青い四角形が胃のなかでちょっとのあいだ暴れますから、おさまってくれるまでお腹を両手でおさえてじっとしていましょう。

おとなしくなった頃にはあなたのもっと食べたいという欲求もきっとおさまっているはずです。

また逆に、オレンジの四角形を思い浮かべながら同じようにすれば食欲が増すので、やせすぎの人や食欲のないときは試してみてくださいね。

食欲をなくしてしまうおまじない

これはダイエット中に食べたい気持ちをどうしても抑えられないときに試してほしいおまじないです。

やり方はカンタン。 まず右手の中指とひとさし指の2本を軽くそろえてください。

そして、のど→のどぼとけの下あたり→胸の真ん中のライン→胃の上→おへその下の順番に各ポイントを「トトントントン」とリズミカルに叩きながら下がっていくのです。

叩き方にはちょっとだけコツがあって、「ト」のときにポイントを叩くような感じでやってみてください。

はじめのうちは各ポイントにつき「トトントントン」を3回ずつ行い、慣れてきたら回数を減らしていきます。

やっているうちに不思議と食べたいという気持ちがなくなり、我慢する辛さから開放されますよ。

食べても太らないおまじない

無理なダイエットは心身に多大なダメージを与えます。 たまにはダイエットのことは忘れて大好きなケーキを思いっきり食べちゃいましょう。 大丈夫、これから紹介するおまじないを実行すれば太る心配はありません。

ケーキを前にしたら、まず目を閉じて「タトイスク・カクラーデ」と3回唱えます。 それから左手の小指の先で、鼻の頭をチョンチョンチョンっと軽く3回つつくのです。

さあ、では目をあけて、おいしいケーキをいただきましょう。ただし、このおまじないは月曜日と水曜日と金曜日には効果がないのでご注意を。

このページの先頭へ